So-net無料ブログ作成

スピード・ケイデンスセンサー [工作]

サイコンはガーミンを使っています。
RIMG5425_R.JPG
スピード・ケイデンスを測るためにセンサーを取り付けますが…

 

ガーミンのスピード・ケイデンスセンサーはセンサー本体にケイデンスの受感部があり、
スピードの受感部は「腕」の先にあります。
ANCHORに付けていたある日、スピードセンサーの入った「腕」が無くなっていました。
おそらく「腕」の取り付けねじが緩んで引きちぎれたのだと思います。
どこで取れたのかは分からず、スポークにもそれらしき跡はありませんでした。
チェーンステーの形状からか「腕」を上に向けないとセットできなくて、
最初からちょっとやだなと思っていました。
上から降りてくるスポークに向かって上に突き出している「腕」が。

「腕」は行方不明になりました。センサー本体から2本のリード線が出ていたのは幸いでした。

リードスイッチを買ってきて修理しました。
元々どんなスイッチがついていたのか分からないので数種類手に入れました。
1個100円程度です。
RIMG5424_R.JPG

「腕」は無くなってしまったのでリードスイッチは本体に直接つけます。
エポキシの接着剤でコーティングしました(途中の写真は撮り忘れました)。
RIMG5404_R.JPG RIMG5405_R.JPG
現在はBHにつけていてクランクとスポークとはこのような位置関係になっています。
問題なく動作しています。
RIMG5406_R.JPG
リードスイッチは下の写真の緑の線の位置に収まっています。
小さいスイッチを使いました。
RIMG5408_RRRR.jpg
ケイデンスのマグネットはペダル軸にくっつけているだけです。
ステンレスシャフトやチタンシャフトではできない技です。
RIMG5410_R.JPG


自転車が2台になったときにセンサーを買い足しました。
このときはいきなり腕をカットして短くしました。腕の途中に元々のリードスイッチを
再利用して仕込みました。大きめのスイッチを使っていました。
今はSeraphに使っています。
RIMG5411_R.JPG RIMG5413_R.JPG
このような位置関係になっています。クランクと離れていますが問題なく動いています。
RIMG5415_R.JPG
RIMG5418_R.JPG
これもマグネットはペダル軸にくっつけているだけです。
RIMG5416_R.JPG



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。