So-net無料ブログ作成
検索選択

ANCHOR RFX8 [整備]

2012年3月10日
今日は雨ですが、車にチャリを積んで古河総合公園まで。
DSC05886_R.JPG


DSC05888_R.JPG

今日積んできたのはANCHOR RFX8です。

フレームだけになっていたのを後輩に譲るために組んできました。
後輩は群馬の桐生在住、雨なので受け渡しだけで走れませんでした。



RFX8はミニベロ・Seraphを組んだ時にほとんどのパーツを移植したので
フレームだけになっていました。
RIMG5519_R.JPG

手持ちのパーツを集めて、不足パーツを調べてみました。
レバー・ハンドル・ステム・BB・クランク・チェーン、これらが必要なので発注。
105ベースで組んでほしいということなので、レバー・BB・クランクは5700。
後輩は私より身長が高いので、ステムは120mm(Deda zero1)、
ハンドルは FSA のコンパクトタイプ(400mm、中古)にしました。
チェーンはCN-7901にしました(このチェーンは好きです)。
RIMG5517_R.JPG

ディレーラーは前後とも旧105の5600、RDはST-5700と互換性あり、
FDは互換性なしになっています。
FD-5600がダメだったら、使ってないFD-6700にする予定です。
FD-6700は内外のガイドプレートをカシメているんですよ。
なにが言いたいかっつうと、チェーンを切らなければ装着できないんですよ(だからこれ、嫌い)。
FD-5700もカシメになっちゃったみたいですね。FD-7900はボルトでした。
「ミッシングリンク使わない派」のためにもボルトにして欲しいな。

結果的にRDはともかく、「互換性なし」のFDも何の問題もありませんでした。

RIMG5518_R.JPG
ブレーキアーチは5600、シマノの互換表でST-5700×BR-5600は
「制動力はわずかに低下するが互換性あり」となっています。

ところが、レバー比の大きいST-5700でBR-5600を引くのはかなり重く、
特にブラケットポジションでは、重いというより「硬い」です。
自分的には旧型のレバー比でBR-6700を引いたときの方が、
よっぽどコントローラブルで扱いやすいです。
(この組み合わせはシマノでは「互換性なし」になっていますが)

ちょっとタッチが悪すぎるので、SeraphにつけていたBR-6700(新レバー比)に
付け替えました。
(Seraphは一旦BR-5600にしましたが、すぐにロングアーチのBR-R650に変更しました。
今のところSeraphはこれが一番使い心地がいいです。)

サドルはRFX8純正、シートポストはシマノプロの横一本止め。
RIMG5520_R.JPG

アウターワイヤーと当たるところには、アルミテープを貼っていましたが、
みんなはがしてスコッチの表面保護テープに変更(見た目重視)。
RIMG5521_R.JPG RIMG5523_R.JPG
RIMG5522_R.JPG RIMG5524_R.JPG

ワイヤーのアウターを赤にしてくれと注文が入りました。
バーテープは黒のコットンタイプがあったんだけど、似合わないかな。
ハンドル低くて怖いからステムはひっくり返してほしいとも。
RIMG5537_R.JPG

スプロケは掃除して組みなおしました。
RIMG5525_R.JPG RIMG5526_R.JPG

ヘッドパーツもグリスアップ。
RIMG5529_R.JPG

RIMG5576_R.JPG RIMG5579_R.JPG
RIMG5577_R.JPG RIMG5584_R.JPG
RIMG5585_R.JPG

バーテープはクリーム字に赤の水玉。
RIMG5583_R.JPG
ホイールはマビックのアクシウム、タイヤはミシュラン旧リチオン。

この仕様で7.87kg(ペダルレス)でした。
RIMG5582_R.JPG
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。